コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コガネウロコムシ

世界大百科事典 第2版の解説

コガネウロコムシ

多毛綱コガネウロコムシ科Aphrodita属の環形動物の総称。背面が黄金色の剛毛で覆われるところからこの名がある。また背中が盛り上がり,泥をかぶって灰色になっているところからウミネズミという俗称で呼ばれる。英名もsea‐mouse。日本には6種あり,各地の潮間帯から水深800mの海底にすむ。雑食性で有機沈殿物や死んだ動物などを食べている。ニホンコガネウロコムシA.japonica(イラスト)は体長5~10cmの長い楕円形で,環節数38~45。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コガネウロコムシの関連キーワードニホンコガネウロコムシウロコムシ(鱗虫)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android