コガネグモ(黄金蜘蛛)(読み)コガネグモ(英語表記)Argiope amoena

世界大百科事典 第2版の解説

コガネグモ【コガネグモ(黄金蜘蛛) Argiope amoena】

コガネグモ科のクモ。は大きく体長20~25mmで,腹部と黒の太い縞模様があるが,は小さく5~7mmで黒褐色。北海道を除く日本各地に生息している。しかし最近,都市近郊において数が急激に減少してきた。日本以外では台湾,中国南部,海南島などに分布する。円板状の大きい地面に対して垂直に張り,網の中央にX字状のかくれ帯という白い糸をつづり,これに足を2本ずつそろえて静止する。7~8月に成熟し,真夜中に産卵する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコガネグモ(黄金蜘蛛)の言及

【クモ(蜘蛛)】より

…しかし網を張らないナガイボグモ科,ササグモ科もこれに含まれる。日本にはヒメグモ科,ホラヒメグモ科,サラグモ科,センショウグモ科,ヨリメグモ科,コガネグモ科,カラカラグモ科,アシナガグモ科,ナガイボグモ科,ヒラタグモ科,ホウシグモ科,ウシオグモ科,ミズグモ科,タナグモ科,ハタケグモ科,キシダグモ科,コモリグモ科,ササグモ科など21科がいる。二爪類Dionychaは2個のつめをもつクモで,毛束のあるものが多い。…

※「コガネグモ(黄金蜘蛛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android