コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コガネホウキタケ(黄金箒茸) コガネホウキタケRamaria aurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コガネホウキタケ(黄金箒茸)
コガネホウキタケ
Ramaria aurea

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科のキノコ。径5~12cm,高さ 10~20cmになる大型のホウキタケ。全体黄色ときに橙色,根もとは白色,枝は太く短くカリフラワーのような形をしている。肉は白く,食べられるが多量に食べて下痢症状を呈したという記録もある。本州各地の林地にみられ,北アメリカ,ヨーロッパ,オーストラリア,小アジアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android