コクガ(穀蛾)(読み)コクガ(英語表記)Nemapogon granellus

世界大百科事典 第2版の解説

コクガ【コクガ(穀蛾) Nemapogon granellus】

鱗翅目ヒロズコガ科の昆虫。開張1cmくらいの小さいガ。幼虫が貯蔵穀物,乾燥食品,乾果などの害虫で,家屋や倉庫の中にすみ,人為的にほとんど全世界へ運ばれ土着してしまった。野外では,幼虫はキノコ類に寄生する。ヨーロッパでは,ブドウ酒産業にも被害を及ぼす。幼虫が貯蔵中のブドウ酒のコルクに穴を開け,酒を変質させてしまうからである。日本では,幼虫は夏から秋に出現する。【井上 寛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android