コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクガ(穀蛾) コクガNemapogon granellus

世界大百科事典 第2版の解説

コクガ【コクガ(穀蛾) Nemapogon granellus】

鱗翅目ヒロズコガ科の昆虫。開張1cmくらいの小さいガ。幼虫が貯蔵穀物,乾燥食品,乾果などの害虫で,家屋や倉庫の中にすみ,人為的にほとんど全世界へ運ばれ土着してしまった。野外では,幼虫はキノコ類に寄生する。ヨーロッパでは,ブドウ酒産業にも被害を及ぼす。幼虫が貯蔵中のブドウ酒のコルクに穴を開け,酒を変質させてしまうからである。日本では,幼虫は夏から秋に出現する。【井上 寛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

コクガ(穀蛾)の関連キーワード単層半導体太安萬侶墓ハクサンチドリ(白山千鳥)微気候ポアズ成層葉層斜交成層D☆DATE

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android