コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクゾウムシ(穀象虫) コクゾウムシ Sitophilus zeamais

1件 の用語解説(コクゾウムシ(穀象虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コクゾウムシ【コクゾウムシ(穀象虫) Sitophilus zeamais】

甲虫目オサゾウムシ科の昆虫(イラスト)。グラナリアコクゾウムシとともにgrain weevilと呼ばれ,世界に広く分布する穀類の大害虫。イネ,コムギオオムギトウモロコシなどのイネ科植物の種子をはじめ,干しイモ,ソバ,ビスケットなどの乾燥・加工食品も食害する。成虫は赤褐色から黒褐色で上翅に赤黄色の4紋がある。体長3.5mm内外。成虫は3月下旬~10月下旬ごろまで活動する。1年間に3~4回発生するが,東北地方北海道では1~2回の発生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コクゾウムシ(穀象虫)の関連キーワード牙虫穀象虫猿葉虫象虫豆象虫歩行虫塵芥虫鷸象虫短截象虫コクゾウ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone