コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクゾウムシ(穀象虫) コクゾウムシSitophilus zeamais

世界大百科事典 第2版の解説

コクゾウムシ【コクゾウムシ(穀象虫) Sitophilus zeamais】

甲虫目オサゾウムシ科の昆虫(イラスト)。グラナリアコクゾウムシとともにgrain weevilと呼ばれ,世界に広く分布する穀類の大害虫。イネ,コムギ,オオムギ,トウモロコシなどのイネ科植物の種子をはじめ,干しイモ,ソバ,ビスケットなどの乾燥・加工食品も食害する。成虫は赤褐色から黒褐色で上翅に赤黄色の4紋がある。体長3.5mm内外。成虫は3月下旬~10月下旬ごろまで活動する。1年間に3~4回発生するが,東北地方や北海道では1~2回の発生。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android