コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクチェタフ Kokchetav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクチェタフ
Kokchetav

カザフスタン北部,コクチェタフ州の州都。コクチェタフ丘陵の北麓,イシムステップの南縁にある。 1824年軍事拠点としてつくられ,1950年代後半の処女地開拓政策により発展した。機械,医療用酸素吸入器,建設資材,農産物加工などの工業が立地する。教育大学,郷土博物館などがある。ペトロパブロフスクとアスタナを結ぶカザフ鉄道と,クスタナイとイルトゥイシスコエを結ぶ中部シベリア鉄道の交差点にある。人口 14万 3300 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コクチェタフの関連キーワードセレトゥイテニズ湖シチュチンスク

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android