コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココリス coccolith

1件 の用語解説(ココリスの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ココリス

直径が2μmから20μmの微細な小板で,浮遊性の石灰質藻類で作られており,しばしばジュラ紀から現在までの軟泥の中に見いだされる[Huxley : 1858, Sorby : 1861, Bathurst : 1971].鞭毛虫に属する生物の外殻を作る石灰質の小板をいう.この生物は海で浮遊生活を営み,単細胞で0.002~0.01mm大の微小な石灰質小板の緩い集合体で包まれる.大洋底の石灰質軟泥中に多産することが多い[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ココリスの関連キーワード血小板磁束密度大腸菌ミクロンコレラ菌ミューレプトスピラ遠赤外の微結晶質アルガル・ダスト

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone