コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココリス coccolith

岩石学辞典の解説

ココリス

直径が2μmから20μmの微細な小板で,浮遊性の石灰質藻類で作られており,しばしばジュラ紀から現在までの軟泥の中に見いだされる[Huxley : 1858, Sorby : 1861, Bathurst : 1971].鞭毛虫に属する生物の外殻を作る石灰質の小板をいう.この生物は海で浮遊生活を営み,単細胞で0.002~0.01mm大の微小な石灰質小板の緩い集合体で包まれる.大洋底の石灰質軟泥中に多産することが多い[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ココリスの関連キーワードサプロコナイトディスコリスコココナイト海底堆積物ラブドリス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android