コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココ・ノール[湖] Koko nuur

世界大百科事典 第2版の解説

ココ・ノール[湖]【Koko nuur】

中国青海省にある青海湖のモンゴル語の呼称。青色の湖の意。面積4635m2。中国最大の塩水湖。大通山,日月山などに囲まれた陥没湖。漢代には西海,鮮水,北魏になり青海とよばれた。《水経注》に水色は青緑で冬夏ともにかれず溢れずとある。周囲が隆起し,1万年ほど前から湖面が縮小,数条の湖浜堤(こひんてい)が形成されている。湖中には海心山や鳥島などが点在する。魚の宝庫とよばれ漁業が盛んである。【駒井 正一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android