コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コゴメグサ(小米草) コゴメグサ Euphrasia iinumae

2件 の用語解説(コゴメグサ(小米草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コゴメグサ(小米草)
コゴメグサ
Euphrasia iinumae

ゴマノハグサ科の一年草。本州中部の山中の草地に生じる。茎は細く高さ 20cmぐらいで,枝分れする。葉は対生するが枝の上部では互生し,柄はなく長径 1cmほどの卵形で鋸歯は鋭い。夏に,葉腋に小さな白色の唇形花をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コゴメグサ【コゴメグサ(小米草) eyebright】

山地の日当りの良い草地に生える,ゴマノハグサ科の小さな一年草で半寄生植物イラスト)。和名は,白い小さな草が米粒を思わせるのでついた。南北両半球の温帯域に分布する。茎は直立または斜上し,単一かまばらに分枝して高さ3~30cm,まばらに曲がった白毛が生える。葉は対生し,披針形から広卵形で,1~6対の粗い鋸歯がある。夏,茎頂近くの葉のわきごとに白い花を1個つける。花冠は白色で唇弁に紫の条があり,上唇はかぶと形で先は2裂して反りかえり,下唇は広く開いて先が3裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コゴメグサ(小米草)の関連キーワードシオガマギク(塩竈菊)胡麻の葉草雀の稗比翼草犬磚子苗大油薄カワラサイコトモエソウコシオガマルリトラノオ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone