コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コゴメグサ(小米草) コゴメグサEuphrasia iinumae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コゴメグサ(小米草)
コゴメグサ
Euphrasia iinumae

ゴマノハグサ科の一年草。本州中部の山中の草地に生じる。茎は細く高さ 20cmぐらいで,枝分れする。葉は対生するが枝の上部では互生し,柄はなく長径 1cmほどの卵形で鋸歯は鋭い。夏に,葉腋に小さな白色の唇形花をつける。この属の植物は高山帯や石灰岩地帯,蛇紋岩地帯など他の植物の侵入しがたいところに生じるものが多く,コバノコゴメグサ E. matsumurae,ミヤマコゴメグサ E. insignis,ヒナコゴメグサ E. yabeanaなど近縁種が多数ある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コゴメグサ【コゴメグサ(小米草) eyebright】

山地の日当りの良い草地に生える,ゴマノハグサ科の小さな一年草で半寄生植物(イラスト)。和名は,白い小さな草が米粒を思わせるのでついた。南北両半球の温帯域に分布する。茎は直立または斜上し,単一かまばらに分枝して高さ3~30cm,まばらに曲がった白毛が生える。葉は対生し,披針形から広卵形で,1~6対の粗い鋸歯がある。夏,茎頂近くの葉のわきごとに白い花を1個つける。花冠は白色で唇弁に紫の条があり,上唇はかぶと形で先は2裂して反りかえり,下唇は広く開いて先が3裂する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

コゴメグサ(小米草)の関連キーワードミヤマコゴメグサ山地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android