コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コザネモ

海藻海草標本図鑑の解説

コザネモ

からだは幼体のうちは匍匐して扁平葉状であるが成体では直立し膜質線状の個体となる。分枝は中肋があり不規則だが羽状となる。縁は細かい裂片をもつが全縁 のこともある。表面観では整然と並んだ細胞の配列と縦に走る細脈がみられる。それぞれの枝の横断切片では周心細胞が6〜8個取り囲んでおり皮層が無いのが 分かる。老成したものでは皮層が下部から形成される。手触りは薄い膜質でやや硬く,ほんの少しざらつく。生体は濃紅紫色〜赤褐色。押し葉標本は台紙につか ず黒色になりもろく折れやすくなる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android