コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシガヤホシクサ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コシガヤホシクサ

ホシクサ科の一年草。春に種が発芽し、晩秋に枯れる。1938年に埼玉県越谷市の元荒川付近で発見され、翌39年に新種として報告された。茨城県下妻市では75年に分布が確認されたものの、その後の環境変化などで94年に姿を消した。野生状態の株が絶滅したことを受けて環境省レッドリストで「野生絶滅種」に指定され、現在に至っている。

(2012-10-17 朝日新聞 夕刊 環境)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

コシガヤホシクサの関連キーワードレッドリストと絶滅種ホシクサ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android