コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスジフシツナギ

1件 の用語解説(コスジフシツナギの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

コスジフシツナギ

からだは円柱状または楕円柱状で,主に対生に枝を出す。からだ全体に節の様に見えるくびれを持つが,近縁のフシツナギに 比べ,くびれの間隔は短く(1〜5mm程度),くびれからくびれまでの間はやや膨らむ。フシツナギと同様に匍匐根を持ち岩を這うようにマット状に叢生して いる。枝や小枝はくびれ付近から広い角度で対生,時に輪生的に出る。枝の付け根はくびれており,枝の先端は尖る。手触りは柔らかくプリプリしている。つぶ すと粘性の高い液体が出る。生体は明紅色〜茶褐色押し葉標本は台紙によくつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コスジフシツナギの関連キーワード石毛絹頭巾松海苔深山榛の木斜円柱キュウリココヤシヒジキマコンブ柱状炭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone