コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスジフシツナギ

1件 の用語解説(コスジフシツナギの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

コスジフシツナギ

からだは円柱状または楕円柱状で,主に対生に枝を出す。からだ全体に節の様に見えるくびれを持つが,近縁のフシツナギに 比べ,くびれの間隔は短く(1〜5mm程度),くびれからくびれまでの間はやや膨らむ。フシツナギと同様に匍匐根を持ち岩を這うようにマット状に叢生して いる。枝や小枝はくびれ付近から広い角度で対生,時に輪生的に出る。枝の付け根はくびれており,枝の先端は尖る。手触りは柔らかくプリプリしている。つぶ すと粘性の高い液体が出る。生体は明紅色〜茶褐色押し葉標本は台紙によくつく。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone