コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスジフシツナギ

海藻海草標本図鑑の解説

コスジフシツナギ

からだは円柱状または楕円柱状で,主に対生に枝を出す。からだ全体に節の様に見えるくびれを持つが,近縁のフシツナギに 比べ,くびれの間隔は短く(1〜5mm程度),くびれからくびれまでの間はやや膨らむ。フシツナギと同様に匍匐根を持ち岩を這うようにマット状に叢生して いる。枝や小枝はくびれ付近から広い角度で対生,時に輪生的に出る。枝の付け根はくびれており,枝の先端は尖る。手触りは柔らかくプリプリしている。つぶ すと粘性の高い液体が出る。生体は明紅色〜茶褐色。押し葉標本は台紙によくつく。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android