コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コスマス・インディコプレウステス コスマス・インディコプレウステスKosmas Indikopleustēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コスマス・インディコプレウステス
Kosmas Indikopleustēs

6世紀頃在世したアレクサンドリア出身の商人。6世紀の初め黒海,アラビア,東アフリカ,セイロンを旅行し,そのためインド航海者 (インディコプレウステス) と呼ばれた。プトレマイオスの『地理学』に対して,経験と聖書の記述を基礎に,タルゾスのディオドロス,モプスエスティアのテオドロスらの著作を参考にして,535~547年の間に『キリスト教地誌学』 Christianikē topographiaを著述。そのなかで地球が長方形の平面であり,その中心に人間が住み,その上は大空におおわれ,平面の周囲は大洋,そのかなたにアダムの楽園があると主張した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android