コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタニワタリ(小谷渡り) コタニワタリPhyllitis scolopendrium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コタニワタリ(小谷渡り)
コタニワタリ
Phyllitis scolopendrium

チャセンシダ科の常緑性シダ植物。温帯の山地の樹陰によく自生する。根茎は短く,葉は単葉で革質,長楕円状線形,葉脚は心臓形でやや耳状になっている。長さ約 50cm,幅 5cm。葉脈は多数で,中肋から左右斜めに平行に出ている。胞子嚢群は,葉の下面の中肋と葉縁との間に平行に並んで,線形をしている。熟すると褐色になり,並んでいる2つが相接して大きくなり,太い胞子嚢群のようにみえる。オオタニワタリ Asplenium antiquumは似ているが南方の暖地にのみ産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android