コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタマガイ(小玉貝) コタマガイGomphina aequilatera

世界大百科事典 第2版の解説

コタマガイ【コタマガイ(小玉貝) Gomphina aequilatera】

九十九里浜で多くとれるマルスダレガイ科の二枚貝。殻は平たくて厚く,丸みのある三角形で腹縁は丸く湾曲する。長さ8cm,高さ6cm,膨らみ2.5cmに達する。殻表は平滑で光沢があり白色,青色,褐色などの地に3~4本の黒青色の放射帯があるもの,折線模様のものなど個体変異が著しい。アサリとは形は違うが,近縁で,アサリ同様殻を煮ると模様は全部褐色に変わる。内面は白色。かみ合せの歯は殻頂の下にあり,外套(がいとう)の付着痕は後方で湾入する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コタマガイ(小玉貝)の関連キーワード九十九里浜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android