コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コタマガイ(小玉貝) コタマガイ Gomphina aequilatera

1件 の用語解説(コタマガイ(小玉貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コタマガイ【コタマガイ(小玉貝) Gomphina aequilatera】

九十九里浜で多くとれるマルスダレガイ科の二枚貝。殻は平たくて厚く,丸みのある三角形で腹縁は丸く湾曲する。長さ8cm,高さ6cm,膨らみ2.5cmに達する。殻表は平滑で光沢があり白色,青色,褐色などの地に3~4本の黒青色の放射帯があるもの,折線模様のものなど個体変異が著しい。アサリとは形は違うが,近縁で,アサリ同様殻を煮ると模様は全部褐色に変わる。内面は白色。かみ合せの歯は殻頂の下にあり,外套(がいとう)の付着痕は後方で湾入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コタマガイ(小玉貝)の関連キーワード九十九里浜九十九里平野浅蜊鏡貝小玉貝簾貝九十九花貝忘貝九十九里浜ものがたり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone