コタ・バル(英語表記)Kota Baharu

世界大百科事典 第2版の解説

コタ・バル【Kota Baharu】

マレーシアの半島部北東岸,タイ国境近くにある都市。ケランタン川の沖積低地に位置し,雨季には洪水に見舞われることがある。ケランタン州の州都。人口22万(1991)のうち3/4はマレー人,華人は1/4未満。伝統的な織物・銀器の産地として知られ,近代工業は未発達である。保守的な汎マレーシア・イスラム党の活動拠点。市北東郊の海水浴場は,第2次大戦中に日本軍が奇襲上陸した所である。【太田 勇】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコタ・バルの言及

【ジャヤプラ】より

…人口15万(1980)。オランダ領時代はホーランディアと呼ばれ,その後コタ・バル,スカルナプラと改称され,1969年以後現在名となる。付近はココヤシ農園が開け,西イリアンの政治・経済の中心地である。…

※「コタ・バル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android