コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コチャリャン コチャリャン Kocharian, Robert

2件 の用語解説(コチャリャンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コチャリャン
コチャリャン
Kocharian, Robert

[生]1954.8.31. アゼルバイジャンステパナケルト
アルメニアの政治家。大統領(在任 1998~2008)。フルネーム Robert Sedraki Kocharian。父はソビエト連邦のアゼルバイジャン共和国ナゴルノカラバフ自治州で指導的な地位にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コチャリャン
こちゃりゃん
Роберт Кочарыан Robert Kocharan
(1954― )

アルメニアの政治家。旧アゼルバイジャン領のナゴルノ・カラバフ共和国(アゼルバイジャン共和国の自治州であったが、1991年に共和国樹立宣言)の首都ステパナケルト市の出身。アルメニア人エレバン工科大学卒業の技術者であった。ナゴルノ・カラバフのアルメニア編入を求める民族自立運動の最強硬派。前大統領テルペトロシャンLevon A. Terpetrosyan(1945― )に引き立てられて、1993年3月に首相になった。だが、同共和国の帰属問題に端を発したアゼルバイジャンとの民族紛争で、仲介に立った全欧安保協力機構OSCE)が提示した和平案をめぐって、受け入れを表明した前大統領を「弱腰」と批判し、任期途中で辞任に追い込んだ。ただし1998年の大統領選挙では、大統領・議会・行政の各権限を明確に規定するための憲法改正や、エネルギー危機の解決、国営企業の民営化、税制・福祉制度の改革など、もっぱら内政課題の解決を強く訴えて支持を広げ、当選を決めた。2003年再選(~2008)。[白井久也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コチャリャンの関連キーワードアゼルバイジャンアゼルバイジャン語アゼルバイジャン人イランヤナルダグナゴルノカラバフ紛争アーホンドザーデバーバクの乱アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国イラン領アゼルバイジャン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone