コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コツブムシ(小粒虫) コツブムシ

世界大百科事典 第2版の解説

コツブムシ【コツブムシ(小粒虫)】

磯の潮間帯の石の下面やフジツボのからの殻の中などにすみ,腹面を石の表面に密着させてはう。とらえると体を小球形状に腹側に丸めるのでこの名がある。体は楕円形,背腹に扁平,長さ5~15mm前後の小型の甲殻類。等脚目コツブムシ科Sphaeromidaeに属するもののうち磯にすむ数種に与えられた和名およびこの科に属するものの総称,コツブムシ科のものは,すべて扁平な尾肢と腹尾節(後方の腹節と尾節が融合したもの)とで尾扇を形成し,陸生ダンゴムシの類のように体を腹側に丸めることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android