コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コツブムシ(小粒虫) コツブムシ

1件 の用語解説(コツブムシ(小粒虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コツブムシ【コツブムシ(小粒虫)】

磯の潮間帯の石の下面やフジツボのからの殻の中などにすみ,腹面を石の表面に密着させてはう。とらえると体を小球形状に腹側に丸めるのでこの名がある。体は楕円形,背腹に扁平,長さ5~15mm前後の小型の甲殻類。等脚目コツブムシ科Sphaeromidaeに属するもののうち磯にすむ数種に与えられた和名およびこの科に属するものの総称,コツブムシ科のものは,すべて扁平な尾肢と腹尾節(後方の腹節と尾節が融合したもの)とで尾扇を形成し,陸生のダンゴムシの類のように体を腹側に丸めることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone