コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コツブムシ(小粒虫) コツブムシ

1件 の用語解説(コツブムシ(小粒虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コツブムシ【コツブムシ(小粒虫)】

磯の潮間帯の石の下面やフジツボのからの殻の中などにすみ,腹面を石の表面に密着させてはう。とらえると体を小球形状に腹側に丸めるのでこの名がある。体は楕円形,背腹に扁平,長さ5~15mm前後の小型の甲殻類。等脚目コツブムシ科Sphaeromidaeに属するもののうち磯にすむ数種に与えられた和名およびこの科に属するものの総称,コツブムシ科のものは,すべて扁平な尾肢と腹尾節(後方の腹節と尾節が融合したもの)とで尾扇を形成し,陸生のダンゴムシの類のように体を腹側に丸めることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コツブムシ(小粒虫)の関連キーワード潮間帯笑壺の会大蛇貝茘枝貝石畳貝扇蟹琴柱角叉富士壺真牡蠣藤壺女御

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone