コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトジツノマタ(琴柱角叉)(読み)コトジツノマタ(英語表記)Chondrus elatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトジツノマタ(琴柱角叉)
コトジツノマタ
Chondrus elatus

紅藻類スギノリ目スギノリ科の藻。ツノマタと同様に潮間帯の波の強く当る岩上に着生する。二叉状に何回か分裂し,高さ 20cm,幅3~4mmとなる。軟骨質であるが糊料とし,また一度煮てところてん状に固め,海藻蒟蒻 (こんにゃく) などと称して食用にあてる。同属のヒラコトジ C. pinnulatusは二叉状のみならず羽状にも分岐し,本種よりも大きくなる。コトジツノマタは本州太平洋岸北中部に分布し,ヒラコトジは本州北部から北海道,千島,サハリンにまで及ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android