コトジツノマタ(琴柱角叉)(読み)コトジツノマタ(英語表記)Chondrus elatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コトジツノマタ(琴柱角叉)
コトジツノマタ
Chondrus elatus

紅藻類スギノリ目スギノリ科の藻。ツノマタと同様に潮間帯の波の強く当る岩上に着生する。二叉状に何回か分裂し,高さ 20cm,幅3~4mmとなる。軟骨質であるが糊料とし,また一度煮てところてん状に固め,海藻蒟蒻 (こんにゃく) などと称して食用にあてる。同属のヒラコトジ C. pinnulatusは二叉状のみならず羽状にも分岐し,本種よりも大きくなる。コトジツノマタは本州太平洋岸北中部に分布し,ヒラコトジは本州北部から北海道,千島,サハリンにまで及ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android