コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトドリ(琴鳥) コトドリlyrebird

翻訳|lyrebird

世界大百科事典 第2版の解説

コトドリ【コトドリ(琴鳥) lyrebird】

スズメ目コトドリ科Menuridaeの鳥の総称,またはそのうちの1種を指す。この科の鳥はコトドリとアルバートコトドリの2種があり,オーストラリア東部に局地的に分布する。両種とも羽色はじみだが,雄は独特の形の尾羽をもち,繁殖期にこの尾羽を広げてディスプレーをするので有名。その尾羽を竪琴に見たてて,コトドリの名がある。彼らは森林にすむ地上生の大きな鳥で,雄のほうが雌より少し大きく,コトドリMenura novaehollandiae(イラスト)の雄は全長80~97cm(このうち尾羽は約55cm),アルバートコトドリM.albertiは雄約90cm,雌約65cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コトドリ(琴鳥)の関連キーワードコトドリコトドリ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android