コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトヒキ(琴引) コトヒキ Therapon jarbua

1件 の用語解説(コトヒキ(琴引)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コトヒキ【コトヒキ(琴引) Therapon jarbua】

スズキ目シマイサキ科の海産魚。ヤカタイサキ,ヤガタイサキとも呼ばれる。本州中部以南の西部太平洋インド洋に広く分布する。伊豆地方でジンナラ,和歌山県雑賀崎でシャミセン,下関でフエフキ,沖縄県でクフワガナー奄美大島名瀬でクブなどと呼ぶ。全長30cmに達する。体色は淡青褐色で腹側は銀白色である。体側に腹方に曲がる3本の黒褐色帯があり,その第3帯は尾びれの上までのびている。沿岸性の魚で河口域に多く,群泳している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コトヒキ(琴引)の関連キーワードシロギスシマイサキマダイアオギス縞伊佐木伊佐木アサヒダイオオニベキグチマカジキ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone