コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトヒキ(琴引) コトヒキTherapon jarbua

世界大百科事典 第2版の解説

コトヒキ【コトヒキ(琴引) Therapon jarbua】

スズキ目シマイサキ科の海産魚。ヤカタイサキ,ヤガタイサキとも呼ばれる。本州中部以南の西部太平洋,インド洋に広く分布する。伊豆地方でジンナラ,和歌山県雑賀崎でシャミセン,下関でフエフキ,沖縄県でクフワガナー,奄美大島名瀬でクブなどと呼ぶ。全長30cmに達する。体色は淡青褐色で腹側は銀白色である。体側に腹方に曲がる3本の黒褐色帯があり,その第3帯は尾びれの上までのびている。沿岸性の魚で河口域に多く,群泳している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android