コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナウミウチワ

海藻海草標本図鑑の解説

コナウミウチワ

からだは膜質で扇型〜ラッパ型。縁辺部は内側に向かって巻き込む。付着器から短い柄を持って広がり,付着器周辺は短毛で覆われる。髄層は6〜8層となり,縁辺部では2〜4層となり,近縁ウミウチワに比べ髄層の細胞層は少ない。からだには石灰質を薄く沈着させ,白っぽくなる。老成すると,縦方向に裂け目が入ることがある。生体は黄色がかった白色〜黄褐色。押し葉標本は台紙につきにくい。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

コナウミウチワの関連キーワード木ノ浦海域公園地区

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android