コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナウミウチワ

1件 の用語解説(コナウミウチワの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

コナウミウチワ

からだは膜質で扇型〜ラッパ型。縁辺部は内側に向かって巻き込む。付着器から短い柄を持って広がり,付着器周辺は短毛で覆われる。髄層は6〜8層となり,縁辺部では2〜4層となり,近縁のウミウチワに比べ髄層の細胞層は少ない。からだには石灰質を薄く沈着させ,白っぽくなる。老成すると,縦方向に裂け目が入ることがある。生体は黄色がかった白色〜黄褐色。押し葉標本は台紙につきにくい。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コナウミウチワの関連キーワードラッパー異翅類カラッパ撚翅フラッパーヤラッパグラッパトサカノリホソメコンブマコンブ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone