コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コニカ コニカ Konica Corporation

3件 の用語解説(コニカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コニカ
コニカ
Konica Corporation

フィルムメーカー。1873年の写真機械などの輸入販売に始まり,1921年小西六本店に改組。1936年設立の新小西六本店が,1937年に旧小西六本店を吸収し小西六に改称。1943年小西六写真工業と改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

コニカ

「小西六(こにしろく)のカメラ」の略(創業時「小西屋六兵衛」→「小西六本店」→「小西六写真工業」→「コニカ」)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コニカ
こにか

日本の写真総合メーカー。1873年(明治6)に6代目杉浦六右衛門(ろくえもん)(=小西六右衛門、1847―1921)が薬種商小西屋六兵衛店で写真、石版印刷材の取扱いを開始したのが始まりである。1903年(明治36)に国産初の印画紙「さくら白金タイプ紙」を発売。1921年(大正10)合資会社とし、小西六本店と称する。1925年にロールフィルム使用小型カメラ、29年(昭和4)に「さくらフヰルム」を発売。1936年(株)小西六本店を設立、43年小西六写真工業、87年(昭和62)コニカとなる。第二次世界大戦後の1948年に35ミリカメラの「コニカ(コニカいちがた)」、60年に一眼レフ「コニカF」を発売、さらに71年に電子複写機分野に(U‐Bixシリーズ)、80年にはオーディオテープ、ビデオテープ分野に、88年にはファクシミリ事業にも進出した。2003年(平成15)3月時点のコニカの資本金は約375億円、売上高約3579億円、従業員数4032。
 2003年、同じ写真総合メーカーのミノルタと経営・事業統合、持株会社のコニカミノルタホールディングスを発足させ、コニカミノルタグループを形成している。[中村清司]
『『写真とともに百年 小西六写真工業株式会社史要』(1971・小西六写真工業)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コニカの関連キーワード高感度フィルム写真機フィルムポジフィルムフィルムカメラPronotiフィルムメモ硬質プラスチックフィルム富士写真フイルム[株]オルソフィルムパンクロフィルム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コニカの関連情報