コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハガニ(木の葉蟹) コノハガニHuenia proteus

1件 の用語解説(コノハガニ(木の葉蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コノハガニ【コノハガニ(木の葉蟹) Huenia proteus】

甲殻綱クモガニ科のカニで,海藻にしがみついている(イラスト,イラスト)。海藻の一部のような独特の形態が木の葉に似たコノハチョウを思い起こさせるためこの名がある。甲幅3cm。甲は長い二等辺三角形が基本であるが,前側縁と後側縁に葉状の突出がある。この形は個体ごとに異なるが,雄では前方のものがやや小さい。甲面は著しく平らで,胃域と心域に顆粒(かりゆう)がある。褐藻にしがみついているものは茶褐色,紅藻についているものは紫赤色を帯びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone