コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コハク酸(琥珀酸) こはくさん succinic acid

翻訳|succinic acid

1件 の用語解説(コハク酸(琥珀酸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こはくさん【コハク酸(琥珀酸) succinic acid】

鎖状ジカルボン酸の一種で,最初に化石樹脂であるコハクの乾留によって得られたのでこの名がある(ラテン語succinumはコハクのこと)。コハクのほか,樹脂,褐炭や二枚貝,藻類,地衣類中にも含まれる。アルコール発酵の際にも少量生成するので清酒の中にも含まれている。分子式HOOCCH2CH2COOH,融点188℃,沸点235℃,比重1.564の無色柱状晶。無臭で特異な酸味を有する。熱水,アルコールアセトンに可溶,エーテル,冷水に難溶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コハク酸(琥珀酸)の関連キーワードカルボキシル基カルボン酸ジカルボン酸オキシカルボン酸琥珀酸アミノ酸デカルボキシラーゼω酸化カルボン酸エステラーゼジカルボン酸尿ジカルボン酸尿症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone