コバンムシ(小判虫)(読み)コバンムシ(英語表記)Ilyocoris exclamationis

世界大百科事典 第2版の解説

コバンムシ【コバンムシ(小判虫) Ilyocoris exclamationis】

半翅目コバンムシ科の昆虫小判形の水生カメムシの意味で,英名saucer bugも円盤状の形からきたもの,またcreeping water bug歩行が巧みであるためつけられたのだろう。幼虫成虫と同じように緑色で,腹背に1対の背腺(臭腺)開口がある。成虫は体長12mm前後,半翅鞘(前翅)の膜質部にがない。口吻(こうふん)は短くて大きい。前脚は強力な捕獲脚となり,中・後脚は泳ぐのにも歩くのにも使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android