コバンムシ(小判虫)(読み)コバンムシ(英語表記)Ilyocoris exclamationis

  • コバンムシ(小判虫) Ilyocoris exclamationis

世界大百科事典 第2版の解説

半翅目コバンムシ科の昆虫小判形の水生カメムシの意味で,英名saucer bugも円盤状の形からきたもの,またcreeping water bug歩行が巧みであるためつけられたのだろう。幼虫成虫と同じように緑色で,腹背に1対の背腺(臭腺)開口がある。成虫は体長12mm前後,半翅鞘(前翅)の膜質部にがない。口吻(こうふん)は短くて大きい。前脚は強力な捕獲脚となり,中・後脚は泳ぐのにも歩くのにも使われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android