コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コビハ Cobija

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コビハ
Cobija

ボリビア北端部,パンド県県都ラパスの北約 600km,ブラジルとの国境の町で,高温多雨のアマゾン低地にあり,アクレ川をはさんでブラジルのブラジレイアに相対する。ゴム,米,バナナなどの熱帯産品の取引中心地で,河港から積出す。これまで外部との連絡は,水路のほかは空路によるしかなかったが,最近北のブラジル領内を通るアマゾン横断道路から分岐する道路が通じた。人口 4266 (1980推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android