コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブウシ(瘤牛) コブウシzebu

翻訳|zebu

1件 の用語解説(コブウシ(瘤牛)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コブウシ【コブウシ(瘤牛) zebu】

肩に肩峰という隆起のあるウシ。ゼビュー,犎牛(ほうぎゆう)とも呼ばれる。肩のこぶは胸椎の棘突起(きよくとつき)が高くのび,その上にひし形筋がかぶさったもので,栄養状態の良いものではここに多量の脂肪が蓄えられる。原産地インドであるがアフリカ東南アジアにも広く分布し,多くの品種がある。一般に胸や腹の皮膚がゆるく垂れ下がっており,耳も大きく垂れている。暑さに強く,熱帯性の風土病にもかかりにくい。代表的な品種にインド原産のカンクレージKankrej種,オンゴールOngole種,ギルGir種,レッド・シンディRed Sindhi種,サヒワールSahiwal種,アフリカ原産のアルシArusi種,アフリカンダーAfricander種などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコブウシ(瘤牛)の言及

【ウシ(牛)】より

…偶蹄目ウシ科の哺乳類。世界各地で乳用,肉用,役用などに飼われる家畜牛(イエウシ)で,ヨーロッパ系とアジア系(コブウシ系)がある。ウシはまた,バンテンガウアヤクなどの野生牛を含むウシ属Bosの総称,またはさらにバイソンスイギュウを含むウシ亜科Bobinaeの総称ともされる。…

※「コブウシ(瘤牛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone