コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブシガニ(拳蟹) コブシガニLeucosia obtusifrons

1件 の用語解説(コブシガニ(拳蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コブシガニ【コブシガニ(拳蟹) Leucosia obtusifrons】

水深30~100mの砂泥底にすむ甲殻綱コブシガニ科のカニで,まるく盛り上がった甲面が陶器のような光沢をもつ(イラスト)。一様に橙赤色で,まるい大小の紋が甲面の正中線左右にわずかに弧を描いて並んでいる。甲幅3cm。東京湾から九州西岸までとスリランカ沖から知られている。コブシガニ科の日本産のカニは約60種で,浅海には,額の突き出しツノナガコブシガニL.anatum,四つの斑紋が目だつヨツメコブシガニL.craniolaris,はさみ脚が著しく長いテナガコブシガニMyra fugaxなど特徴的な種が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコブシガニ(拳蟹)の言及

【カニ(蟹)】より

…一般的に雄のはさみ脚が大きく,そのうえ,左右の大きさを異にすることも多いが,シオマネキ類の雄のように極端に大きさが異なるのは例外的である。テナガコブシガニ,タカアシガニエンコウガニなどでは,雄の二次性徴としてはさみ脚が異常に巨大化するが,これは雄としての単なる象徴ではなく,交尾の際に雌を抱きかかえるのに有効である。4対の歩脚は一般に単純な棒状であるが,最後の1~2対が泳ぐためや砂に潜るため,あるいは他の目的のために変形していることも少なくない。…

※「コブシガニ(拳蟹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コブシガニ(拳蟹)の関連キーワードウサイン・ボルト競泳中村真衣篠宮龍三サイド・スキャン・ソナーフェ-ン現象日本陸上競技選手権北島康介埼玉古墳群高石勝男

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone