コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプト教

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コプト教

紀元1世紀ごろにエジプトで始まり、独自の教義を発展させたキリスト教の一派。エジプトの全人口約9200万人の10~15%程度を占めるとみられる。エジプト国民の大半を占めるイスラム教徒からの迫害、差別を訴える教徒もいる。古代エジプト暦を起源とする独自のコプト暦を持つ。

(2017-08-17 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

コプト教の関連キーワードアビシニア・オルトドクス教会エジプトのコプト教徒聖アントニウス修道院エルムアラッカ教会デールエルバルシャサラーマ・ムーサーハールガ・オアシス聖マカリオス修道院コプト教会の音楽聖シメオン修道院カルケドン公会議ワディナトルーン聖ビショイ修道院聖セルギウス教会シャルキーヤ県エチオピア音楽ブトロス=ガリ聖パウロ修道院アシュムネインローマ修道院

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コプト教の関連情報