コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コプト教

1件 の用語解説(コプト教の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コプト教

紀元1世紀ごろからエジプトで独自の教義を発展させた東方教会系のキリスト教の一派。エジプトの古代暦であるコプト暦は西暦の9月11日に始まり、クリスマスは1月7日に当たる。信者はエジプト人口(約8千万人)の約1割を占めると言われる。豚肉食や飲酒が許されており、菜食だけが認められる断食などイスラム教徒とは異なる生活習慣を持つ。差別や宗教迫害を訴えるコプト教徒もいる。

(2013-07-06 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コプト教の関連キーワードエジプト鼠エジプト文明エジプト綿ケララエジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト十字架の秘密エジプト風エジプトのコプト教徒

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コプト教の関連情報