コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマッコウ(小抹香) コマッコウ

世界大百科事典 第2版の解説

コマッコウ【コマッコウ(小抹香)】

歯クジラ亜目マッコウクジラ科コマッコウ属Kogiaに属する哺乳類の総称。コマッコウK.breviceps(英名pygmy sperm whale)とオガワコマッコウK.simus(英名dwarf sperm whale)の2種がある。いずれも温帯から熱帯の海に分布する。前種は体長3.2mで背びれが小さい。後者は2.6mに達し,背びれは高く目立つ。頭部は円柱状で下あごより前に突き出す。マッコウクジラに似て頭骨上面に上顎骨で囲まれた凹所を有し,下あごも細いが,7個の頸椎は全部融合している点はマッコウクジラと異なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コマッコウ(小抹香)の関連キーワード背びれ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android