コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマツナギ(駒繋) コマツナギIndigofera pseudo-tinctoria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマツナギ(駒繋)
コマツナギ
Indigofera pseudo-tinctoria

マメ科の草本状低木。日本各地の原野路傍の陽地に生じる。高さは 60cmぐらい,立上がっても 1mには及ばない。枝は細いが,幹は直径 1.5cmほどになり,すこぶる強靭である。このためウマをつなぐこともできるという意味でこの和名がある。葉は互生し奇数羽状復葉で,小葉は4~5対あって長さ 1cmほどの長楕円形ないしは倒卵形である。夏から秋にかけて,葉腋花穂を出し,紫紅色の小さい蝶形花を密につける。花後,長さ 3cmほどの円柱形の莢となり,中に数個種子ができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コマツナギ(駒繋)の関連キーワードマメ科

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android