コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマユバチ(小繭蜂) コマユバチ

世界大百科事典 第2版の解説

コマユバチ【コマユバチ(小繭蜂)】

膜翅目コマユバチ科Braconidaeに属する昆虫の総称。世界で5000種以上,日本からはウマノオバチ(図),アオムシサムライコマユバチ(イラスト),スカシバコマユバチなど300種近くが知られている寄生バチ。ヒメバチ科にきわめて似ているが,前翅の先端部よりの横断脈のないことによって簡単に区別できる。鱗翅目,膜翅目,甲虫目,双翅目,シリアゲムシ目,チャタテムシ目などの幼虫,さなぎ,ときには成虫に寄生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コマユバチ(小繭蜂)の関連キーワードコマユバチヒメバチ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android