コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミサルジェフスカヤ コミサルジェフスカヤ Komissarzhevskaya, Vera Fëdorovna

3件 の用語解説(コミサルジェフスカヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミサルジェフスカヤ
コミサルジェフスカヤ
Komissarzhevskaya, Vera Fëdorovna

[生]1864.11.8. ペテルブルグ
[没]1910.2.23. タシケント
ロシアの女優。著名なオペラ歌手フョードル・ペトロービッチ (1838~1905) の娘で,イギリスで活躍した演出家 T.コミサルジェフスキーの姉。 1891年デビュー,96年アレクサンドリンスキー劇場に加わり,『かもめ』のニーナなどを演じたが,宮廷劇場の空気にあきたらず 1902年退団,2年間の巡業ののちペテルブルグにコミサルジェフスカヤ劇場を開設 (04) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コミサルジェフスカヤ【Vera Fyodrovna Komissarzhevskaya】

1864‐1910
ロシアの女優。オペラ歌手を父に,恵まれた芸術的環境に育ち,スタニスラフスキーの下で演劇を修業。各地の劇場へ出演の後,1896年ペテルブルグ帝室アレクサンドリンスキー劇場にデビュー。チェーホフ《かもめ》初演のニーナその他の役で人気女優となるが,帝室劇場の保守性に反発し,1902年に退団。巡業で金を工面し,04年にコミサルジェフスカヤ劇場を創設。官憲の監視下にあるゴーリキーの《別荘人種》(1904),《太陽の子どもたち》(1905)を上演・主演したり,新進気鋭メイエルホリドを招き,象徴主義演劇ヘッダ・ガブラー》《修道女ベアトリーチェ》(1906)その他に主演もするが,彼の極端な反写実演劇に同調できず手を切る

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コミサルジェフスカヤ
こみさるじぇふすかや
Вера Фёдоровна Комиссаржевская Vera Fyodorovna Komissarzhevskaya
(1864―1910)

ロシアの女優。テノール歌手フョードル・ペトロービチ・コミサルジェフスキー(1838―1905)の娘。ペテルブルグ生まれ。1890年から91年までスタニスラフスキーの芸術文学協会の公演に加わり、96年に帝室アレクサンドリンスキー劇場に招かれ、チェーホフ作『かもめ』のニーナ役で有名になる。1902年同劇場を去って、04年ペテルブルグにコミサルジェフスカヤ劇場をつくり、メイエルホリドら若手演出家に活躍の場を与えた。ほかに『人形の家』のノラなど多くの当り役がある。[中本信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コミサルジェフスカヤの関連キーワードイーゴリ公カラススペードの女王オペラセリアオペラバッグカルーソーロシアの恋人岸洋子さんフィッシャー・ディスカウプリマ・ドンナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone