コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミュニケートする権利 コミュニケートするけんりright to communicate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミュニケートする権利
コミュニケートするけんり
right to communicate

コミュニケーションは人間にとって本質的な行為であるとの認識に立ち,人間には双方向的で参加的なコミュニケーションを行なう基本的な権利がある,とする考え方。国際連合広報局視聴覚部長や世界放送通信機構会長などを歴任したフランスの J.ダルシーが 1969年に発表した『直接放送衛星とコミュニケートする権利』と題する論文の中で初めて提唱した。1970年代後半に国際連合教育科学文化機関マスメディア宣言をめぐってコミュニケーションの問題が国際的な論議の対象となった際,コミュニケーションの自由の新しいパラダイムの鍵となるコンセプトとして強い注目を浴びた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android