コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミュニティ・レストラン(コミレス)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コミュニティ・レストラン(コミレス)

「おいしく食べて、楽しく働く、くつろぎの場」をコンセプトに、地域で安全で安心できる食事を提供しながら、市民が集まり、交流する場。NPO法人の「NPO研修・情報センター」(東京都、世古一穂代表)が「食」を核にしたコミュニティーや地域支援を目的に1998年に始めたNPOの起業モデル。全国で150余、道内では約30の様々なコミレスが展開されているという。また、公益社団法人の長寿社会文化協会(東京都)は「地域のたまり場や居場所」をコミュニティ・カフェと定義して活動。非政府組織(NGO)を中心に、途上国などから商品を適正価格で輸入・販売することで生産者の経済的自立を促すなどのフェアトレード食材を使うスローカフェといった様々な形態もある。

(2013-11-04 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

コミュニティ・レストラン(コミレス)の関連キーワードコミュニティーカフェ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android