コミュニティ放送局

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コミュニティ放送局

1992年の放送法改正で制度化された超短波放送局(FM放送局)。出力は原則20ワット以下で、市区町村をカバーしながら地域のきめ細かな情報を発信する。大規模災害をきっかけに開局されるケースが多く、総務省と日本コミュニティ放送協会(東京)によると全国の開局数は314。北海道は最多の27局で、ほとんどの主要都市に開局されている。

(2018-02-12 朝日新聞 朝刊 1道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コミュニティ放送局の関連情報