コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメの品質

1件 の用語解説(コメの品質の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

コメの品質

等級は民間の登録検査機関が調べる。玄米の検査で水分量や形などの基準を満たし、十分に成熟した米粒が70%以上で「1等」、60%以上は「2等」、45%以上は「3等」、基準を満たさないと「規格外」となる。等級が下がると価格も安くなる。等級とは別に日本穀物検定協会の「食味ランキング」もある。色つやなどの見た目、香り、味、粘り、硬さの5項目を試食審査。複数の産地のコシヒカリブレンドした「基準米」と比べる総合評価も含めて格付けする。12年産米では石川と福井のコシヒカリが「特A」の最高評価を受け、富山のコシヒカリはひとつ劣る「A」の評価だった。

(2014-01-30 朝日新聞 朝刊 石川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コメの品質の関連情報