コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメツツジ(米躑躅) コメツツジRhododendron tschonoskii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コメツツジ(米躑躅)
コメツツジ
Rhododendron tschonoskii

ツツジ科の落葉小低木。北海道から九州の山地に生じ,盆栽などとしてよく栽培される。高さ約 1mでよく分枝し,長さ数 mm~2cmほどの小さな葉を枝先に集めてつける。コメツツジの名はこの葉の小ささを米粒にたとえたものである。夏に,径 1cm弱の白色,漏斗形の小花を枝先につける。花冠の上半部は5裂してらっぱ状に開き,おしべも5本ある。近時,栽培用の濫採で激減している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android