コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメディ・フランセーズ La Comédie‐Française

世界大百科事典 第2版の解説

コメディ・フランセーズ【La Comédie‐Française】

フランスの国立劇場(団)。別名〈モリエールの家〉,またその所在地から〈リシュリュー劇場〉ともいう。1680年,ルイ14世の勅令により創立。前身は喜劇界の大立者モリエールの一座。同座は73年にモリエールが死ぬと,解散した〈マレー座Théâtre du Marais〉の役者たちを吸収合体して存続していたが,さらに上記の勅令で当時悲劇の総本山だった〈オテル・ド・ブルゴーニュ座(ブルゴーニュ座)〉と合併,パリおよびその周辺の演劇独占権(イタリア劇団は例外)を与えられた王立劇団としてコルネイユ,ラシーヌの悲劇,モリエールの喜劇などを財産として発足した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコメディ・フランセーズの言及

【国立劇場】より

…したがって,その劇団と劇場の両方が,総称としての同じ一つの名前(西欧のものが日本語に訳された場合には〈○○劇場〉などの名称)で呼ばれることが多い。
【ヨーロッパ】
 西欧における国立劇場の歴史は古く,その多くはいわゆる〈宮廷劇場〉の系譜に連なり,また重なるものとしてあるが,国家が経済・芸術上の管理・運営の責任者=パトロンとなった屋内ホールの国立劇場の嚆矢(こうし)は,1680年パリに誕生した〈コメディ・フランセーズ〉である。これはフランスにいち早く集権的な統一国家ができたことや,ルイ14世の人柄や,モリエール,ラシーヌら強力な劇作家が輩出したせいでもあろう。…

【ブルゴーニュ座】より

…フランス最初の常設劇場で,のちにはそれに拠る劇団をも指した。現在の国立劇場コメディ・フランセーズの淵源の一部を成す。 その歴史は,パリ市内のかつてブルゴーニュ公の館があった場所を中世宗教劇の上演団体〈受難劇組合〉が買い取り,そこに1548年に新しい劇場を開設したことに始まる。…

【レパートリー・システム】より

…この方式は,アメリカで20世紀に始められたロングラン・システムとは対照的なもので,古くからヨーロッパで行われていた。最長の伝統をもつのは,フランスで1680年に結成されたコメディ・フランセーズであり,この一座には大革命期まで,他の劇団にこの劇団のレパートリーの上演を許さぬ独占権が与えられていた。近年,ヨーロッパをはじめ世界各国で演劇振興のために公的援助が与えられるようになったが,そこでもレパートリー・システムによる劇団活動に援助が与えられることが多く,俳優の養成と新しい劇作家の登場を促進する効果を生んでいる。…

※「コメディ・フランセーズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コメディ・フランセーズの関連キーワードベルナール(Sarah Bernhardt)ルノー(Madelaine Renaud)ジーン・ルイス ヴォードワイエブノワ・コンスタン コクランジャン・ピエール オーモンジュヌヴィエーヴ パージュウージェーヌ イヨネスコエヴリーヌ ブイックスレパートリー・システムレーモン サビニャックナショナル・シアターピエール フレネージャンヌ モローシュリー ムーネムーネ・シュリーG. フォワシイアニー ジラルドE. ブールデフィガロの結婚A. ビテーズ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コメディ・フランセーズの関連情報