コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメノシマメイガ(米の縞螟蛾) コメノシマメイガAglossa dimidiata

世界大百科事典 第2版の解説

コメノシマメイガ【コメノシマメイガ(米の縞螟蛾) Aglossa dimidiata】

鱗翅目メイガ科の昆虫(イラスト)。家屋内でよく見られる茶褐色のガで,大きさは開帳1~2.5cmと変異があり,一般に雄は小型で翅がやや細い。幼虫は貯蔵穀物その他乾燥食品につき,黒っぽいイモムシで,コメノクロムシと呼ばれる。穀粒や虫糞を糸でつづって巣をつくり,その中にすんで食品を食害する。老熟すると幼虫の巣と同じような粗い繭をつくって蛹化(ようか)する。年2~3回の発生で,幼虫で越冬。成虫は,倉庫や台所のような穀物や乾燥食品の貯蔵してある場所の付近を飛び,わずかな隙間でも潜って産卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android