コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメノシマメイガ(米の縞螟蛾) コメノシマメイガ Aglossa dimidiata

1件 の用語解説(コメノシマメイガ(米の縞螟蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コメノシマメイガ【コメノシマメイガ(米の縞螟蛾) Aglossa dimidiata】

鱗翅目メイガ科の昆虫(イラスト)。家屋内でよく見られる茶褐色のガで,大きさは開帳1~2.5cmと変異があり,一般に雄は小型で翅がやや細い。幼虫は貯蔵穀物その他乾燥食品につき,黒っぽいイモムシで,コメノクロムシ呼ばれる。穀粒や虫糞を糸でつづって巣をつくり,その中にすんで食品を食害する。老熟すると幼虫の巣と同じような粗い繭をつくって蛹化(ようか)する。年2~3回の発生で,幼虫で越冬。成虫は,倉庫や台所のような穀物や乾燥食品の貯蔵してある場所の付近を飛び,わずかな隙間でも潜って産卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コメノシマメイガ(米の縞螟蛾)の関連キーワード鱗翅類蝙蝠蛾小菜蛾尺蛾毒蛾虎蛾二化螟蛾蜂蜜蛾螟蛾ノシメマダラメイガ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone