コモティニ(英語表記)Komotiní

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモティニ
Komotiní

ギリシア北東部,スラキ (古代名トラキア) 地方の都市。セサロニキの東北東約 220km,ブルガリア国境とエーゲ海海岸とのほぼ中間に位置する。バルカン戦争 (1912~13) までオスマン帝国領であったが,その後ブルガリア領を経て 1920年ギリシア領となった。現在,たばこ,穀物,綿花,皮革などの取引中心地。セサロニキとアレクサンドルポリスを結ぶ鉄道が通る。人口4万 522 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモティニ
こもてぃに
Komotin

ギリシア北東部、ロドピ県の県都。人口5万2659(2001)。トルコ支配時代にはギュミュルジナGmljinaとよばれた。トラキア地方の中心都市で、タバコなどの農産物、家畜、皮革のもっとも重要な集散地。マカズ峠を越えてブルガリアに至る交通の要衝にあたる。1913年よりギリシア領。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android