コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモングサ

海藻海草標本図鑑の解説

コモングサ

からだは薄く,柔らかく,幅の広い紐状で,叉状または互生に裂けた様に不規則に数回分岐し,掌状になる。また,老成するとからだに小孔があき,からだの上 部は縦に裂け,多数の裂片に分かれることがある。縁はふつう全縁だが,まばらに小さな鋸歯を持つこともある。円錐盤状の付着器付近は短毛が密生し,下部の 体表面にも短毛が密生する。顕微鏡で観察すると,からだの先端には生長点細胞が一列に並ぶ。色素体を持つ皮層細胞は小型で1層からなり,無色で大形の髄層 細胞は2〜4層である。生体は黄褐色〜濃褐色。押し葉標本は台紙につきにくい。近縁のアツバコモングサは,からだの幅が細く,厚く,表面が平滑であるが,本種では薄く,表面にしわが多く,凸凹している。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android