コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コヤスノキ(子安の木) コヤスノキ Pittosporum illicioides

1件 の用語解説(コヤスノキ(子安の木)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コヤスノキ(子安の木)
コヤスノキ
Pittosporum illicioides

トベラ科の常緑低木で,兵庫県の山中に特産する。葉は互生するが枝先に集り,両端のとがった楕円形で長さ4~9cm,全縁で質は薄い。5月頃,長い花柄の先に小さな5弁の黄色花をつける。果実トベラに似て熟すと3裂し,中から赤い仮種皮の種子をのぞかせる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コヤスノキ(子安の木)の関連キーワードトベラ草海桐花桄榔聖瑞花蔓胡頽子海桐花白山木深山海桐花コダチトマト兵庫県豊岡市戸牧

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone