コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅) コヨウラクツツジMenziesia pentandra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)
コヨウラクツツジ
Menziesia pentandra

ツツジ科の落葉小低木。東アジアの冷温帯に分布し,日本では北海道,本州,四国の高地に自生する。幹は直立し,高さ2~3mで枝は輪生状に出る。若い枝では葉とともに毛がある。葉は互生し,枝の端では輪生状につく。長さ 4cmほどの長楕円形で縁に毛がある。5月頃,新葉と前後して小枝の端に腺毛のある数本の花柄が散形に出て,その先端にやや赤みを帯びた黄緑色の壺状花冠の花を下向きにつける。果実は丸い 蒴果となる。花の下がった状態が冠の瓔珞に似ているのでこの和名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コヨウラクツツジ(小瓔珞躑躅)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android