コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラ・ディ・リエンツォ Cola di Rienzo

1件 の用語解説(コラ・ディ・リエンツォの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コラ・ディ・リエンツォ【Cola di Rienzo】

1313か14‐54
14世紀ローマの市民政治家,民衆運動の指導者。庶民の子として生まれ,公証人としてラテン語を学んだ。古代ローマの文物に魅せられ,その栄光の再現を夢想した。教皇庁のアビニョン移転(1309)後のローマは,都市貴族の抗争の中で混乱し,経済的にも衰退していた。この中から民衆的な自治獲得の運動が生まれてくるが,コラはこれに古代ローマの再興の期待を結びつけ,市政改革の指導者となった。1343年教皇クレメンス4世が即位したとき,市民を代表してアビニョンへ赴き,教皇庁のローマ帰還を訴え,市政改革の支援を求めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコラ・ディ・リエンツォの言及

【ペトラルカ】より

…しかし詩人の内面の葛藤はむしろ深刻な危機を迎えつつあって,アウグスティヌスとの対話の形をとる有名な《秘密》(初稿1342‐43)では愛と名声の問題を中心に仮借のない自己検討がなされた。同じころ,ローマ改革の大志を抱くコラ・ディ・リエンツォと親交を結び,47年コラが貴族政治を倒して古代共和政の復活を図ると熱烈な支持を寄せたが,改革はむなしく失敗した。翌48年ヨーロッパ全土を襲った黒死病のためにラウラが天に召された。…

【ローマ理念】より

…近代においてはローマ教皇から帝冠を受け,ルイ16世ではなくカール大帝の後継者を自認したナポレオン1世に,普遍的ローマ理念の影響が認められよう。他方,中世後期のイタリアでは,ローマ市住民を中心に民族主義的ローマ理念が生まれ,14世紀のコラ・ディ・リエンツォにおいて一つの頂点に達する。この民族主義的ローマ理念の高揚は,ルネサンス期人文主義者たちの活躍を経て,リソルジメントの原動力となり,さらには20世紀のファシズムにまで連なるものであった。…

※「コラ・ディ・リエンツォ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コラ・ディ・リエンツォの関連キーワード年輪年代測定法県外避難者永保寺後伏見天皇ペトラルカルクセンブルク朝赤橋守時一山一寧規庵祖円光厳天皇

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone