コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリアー コリアー Collier, Arthur

6件 の用語解説(コリアーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリアー
コリアー
Collier, Arthur

[生]1680.10.12. ラングフォードマグナ
[没]1732.9.
イギリスの哲学者。イギリスの哲学者でありながら,同時代の J.ロックを知らず,大陸の哲学者,デカルト,N.マルブランシュ,J.ノリスなどに私淑。精神から独立して外界が存在することを否定し,われわれの知覚する事象は,精神との関連においてのみ存在しうると考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コリアー
コリアー
Collier, Constance

[生]1878.1.22. ウィンザー
[没]1955.4.25. ニューヨーク
イギリスの女優。本名 Laura Constance Hardie。当り役は『オリバー・トゥイスト』のナンシー,O.ワイルドの『理想の夫』のシェバリー夫人など。著書に,回想記『道化芝居』 Harlequinade (1929) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コリアー
コリアー
Collier, Jeremy

[生]1650.9.23. ケンブリッジ,ストーバイキー
[没]1726.4.26. ロンドン
イギリスの牧師。ケンブリッジ大学に学ぶ。王政復古期喜劇の不道徳性を攻撃したパンフレットイギリス演劇の不道徳性と涜神に関する管見』A Short View of the Immorality and Profaneness of the English Stage (1698) によって最も有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コリアー
コリアー
Collier, John Payne

[生]1789.1.11. ロンドン
[没]1883.9.17. メードンヘッド
イギリスの批評家,古文書研究家。エリザベス朝に興味をもち,戯曲の校訂や『イギリス劇詩史』 The History of English Dramatic Poetry (3巻,1831) の著作などで学界に貢献したが,シェークスピア関係の資料を偽造するなど信用できない面も少くない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コリアー
コリアー
Collier, Peter Fenelon

[生]1849.12.12. アイルランド,カーロー
[没]1909.4.21. ニューヨーク
アメリカの出版業者。 17歳でアメリカに移住し,1870年代の初期にニューヨークで書籍のセールスマンになった。予約者の分割支払方式という書籍販売の方法を考案し,やがてシェークスピアなどの古典文学書を予約分割支払方式で出版販売する出版社を創立し,低所得層の購買力を開拓して成功をおさめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリアー
こりあー
John Henry Noyes Collier
(1901―1980)

イギリスの小説家。チンパンジーと結婚する男を描く寓意(ぐうい)的長編小説『猿をめとりて』(1930)で、人の意表をつく発想を試み、好評を博す。その後も健康な風刺精神を示す作品を発表。『緑想』(1932)などの短編小説には怪奇的幻想と明るい笑いもうかがえる。ほかに社会風俗史的著作や、詩集『バリケード』(1921)などがある。[玉泉八州男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリアーの関連キーワードケンブリッジ大学サラムケンブリッジブルーオックスブリッジケンブリッジプラトン学派タインブリッジチロリアンブリッジ無線LANブリッジハーツホーンブリッジハートショーンブリッジ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コリアーの関連情報