コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリツォフ Kol'tsov, Aleksei Vasil'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリツォフ
Kol'tsov, Aleksei Vasil'evich

[生]1809.10.15. ボロネジ
[没]1842.11.10. ボロネジ
ロシアの詩人。家畜商人の子として生れ,学校で学んだのは1年半足らずで,もっぱら仕事の合間に独学し,詩作した。 16歳のとき詩を書きはじめ,その後知遇を得た N.スタンケビッチ V.ベリンスキーの尽力で 1835年それまでの作品のなかから 18編をまとめて最初の『詩集』 Stikhotvoreniya Kol'tsovaを刊行。方言や民謡を取入れ,貧民の苦しい生活や激しい労働を,素朴に,哀愁をこめてうたいあげ,ロシア文学に新しいテーマと民衆の形象を持込んだ。代表作は『農夫の歌』 Pesnya pakharya (1835) ,『収穫』 Urozhai (35) ,『草刈り人』 Kosar' (36) ,A.プーシキンに捧げた『森』 Les (38) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コリツォフの関連キーワードテレスコープ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android