コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリャーク族 コリャークぞくKoryak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリャーク族
コリャークぞく
Koryak

シベリア東端部,アナドゥイリ川からカムチャツカ半島中部の山岳タイガ地帯に居住する少数民族。人口約1万。形質的にはモンゴロイドに属し,言語は古シベリア諸語コリャーク語を話す。言語,習俗などが近隣のチュクチ族ときわめてよく似ている。通常,海コリャークトナカイ・コリャークに分類され,前者は漁業と海獣の狩猟に従事して定住生活を営み,後者はトナカイの遊牧を行う。婚前の純潔が重んじられ,妻をめとる男性は女性の父のもとで一定期間働いてから結婚するが,離婚は簡単に行われ,その際子供は,男の子は父に,女の子は母に引取られる。宗教はシャーマニズムが盛んであるが,ロシア人との接触の結果,宗教や住居などがロシア化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone