コリャーク族(読み)コリャークぞく(英語表記)Koryak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリャーク族
コリャークぞく
Koryak

シベリア東端部,アナドゥイリ川からカムチャツカ半島中部の山岳タイガ地帯に居住する少数民族。人口約1万。形質的にはモンゴロイドに属し,言語は古シベリア諸語コリャーク語を話す。言語,習俗などが近隣のチュクチ族ときわめてよく似ている。通常,海コリャークとトナカイ・コリャークに分類され,前者は漁業と海獣の狩猟に従事して定住生活を営み,後者はトナカイの遊牧を行う。婚前の純潔が重んじられ,妻をめとる男性は女性の父のもとで一定期間働いてから結婚するが,離婚は簡単に行われ,その際子供は,男の子は父に,女の子は母に引取られる。宗教はシャーマニズムが盛んであるが,ロシア人との接触の結果,宗教や住居などがロシア化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android