コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリャーク Koryak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリャーク
Koryak

ロシア東部,カムチャツカ地方に属する旧自治管区。中心地パラナ。1933~77年コリャーク民族管区,1977~91年はコリャーク自治区間としてカムチャツカ州に所属。2007年カムチャツカ州と統合してカムチャツカ地方の一部となった。カムチャツカ半島北半とそれに続く大陸部を占め,西はオホーツク海,東はベーリング海に面する。南部のスレジンヌイ山脈,北東部のコリャーク山脈,北西部のペンジナ川流域平野などからなり,南部にカバの森林がみられるほかは大部分がツンドラ地帯に入る。平均気温は 1月-30℃,7月 10℃。年降水量 300~550mm。コリャーク族の居住区であるが,住民の大半はロシア人で,コリャーク族は約 20%にすぎない。主要産業は水産業 (タラバガニ) ,トナカイ飼育,狩猟で,採炭,製材も行なわれる。鉄道・道路網は未発達で,交通はおもに水路と空路による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コリャークの関連キーワードカムチャダール語古シベリア諸語古アジア諸族イテリメン族コリャーク語チュクチ族チュクチ語犬ぞり

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android