コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリャーク Koryak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリャーク
Koryak

ロシア東部,カムチャツカ地方に属する旧自治管区。中心地パラナ。1933~77年コリャーク民族管区,1977~91年はコリャーク自治区間としてカムチャツカ州に所属。2007年カムチャツカ州と統合してカムチャツカ地方の一部となった。カムチャツカ半島北半とそれに続く大陸部を占め,西はオホーツク海,東はベーリング海に面する。南部のスレジンヌイ山脈,北東部のコリャーク山脈,北西部のペンジナ川流域平野などからなり,南部にカバの森林がみられるほかは大部分がツンドラ地帯に入る。平均気温は 1月-30℃,7月 10℃。年降水量 300~550mm。コリャーク族の居住区であるが,住民の大半はロシア人で,コリャーク族は約 20%にすぎない。主要産業は水産業 (タラバガニ) ,トナカイ飼育,狩猟で,採炭,製材も行なわれる。鉄道・道路網は未発達で,交通はおもに水路と空路による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コリャークの関連キーワードカムチャダール語古シベリア諸語古アジア諸族イテリメン族コリャーク語チュクチ語チュクチ族犬ぞり

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android